NW-KA10-WZ  / 象印 /圧力IH炊飯ジャー 「炎舞炊き」(5.5合) 雪白
アウトレット 扇風機
購入数
在庫がございません

象印
NW-KA10-WZ / 象印 /圧力IH炊飯ジャー 「炎舞炊き」(5.5合) 雪白

販売価格: 74,800円(税込)
ポイント:748ポイント
発送の目安:在庫なし

オプションのお申し込み:

■延長保証のお申込み:

商品概要

商品名 圧力IH炊飯ジャー 「炎舞炊き」(5.5合) NW-KA10-WZ 雪白
型番 NWKA10
メーカー 象印マホービン ZOJIRUSHI
JANコード 4974305215840
メーカー発売日 2018年7月下旬
色 雪白
メーカー保証年数 1年
3つの底IHヒーターを独立制御しかまどの激しい炎の「ゆらぎ」を再現
釜内のお米を大きくかき混ぜながらふっくら甘み豊かに炊き上げ

■かまどの炎の「ゆらぎ」と「大火力」を再現した新しい炊き方「炎舞炊き」
 ・かまど炊きでは、強い炎(=大火力)がゆらぎながら釜に当たり、部分的に高温となることで、釜内に温度差が生じて激しく複雑な対流が起こります。
 ・この炊き方を再現するために、従来は炊飯ジャー本体底部に1つのみ搭載していたIHコイルを、新製品では3つに増強。
 ・部分的な集中加熱を行うため、それぞれのヒーターを独立制御する「ローテーションIH構造」による炊き方「炎舞炊き」を業界で初めて開発し※1、かまどの炎の「ゆらぎ」を再現しました。
 ※1 2018年5月31日現在 家庭用炊飯ジャーにおいて。

■「炎舞炊き」を活かす「鉄 〜くろがね仕込み〜 豪炎かまど釜」を採用
 ・かまどの炎を再現した炊き方「炎舞炊き」を活かすために必要なのは、蓄熱性・発熱効率・熱伝導率の3つのバランスがとれた内釜。
 ・そこで新製品では、IHとの相性が良く発熱効率や蓄熱性が高い「鉄」と、熱伝導性の高い「アルミ」、IHの発熱を効率よく活かし、蓄熱性・耐久性にも優れた「ステンレス」を業界で初めて組み合わせました。※2
 ・また、内釜の形状も「炎舞炊き」に合わせて一新。
 ・羽釜の要素を取り入れて、釜のふちを特に厚くし、釜側面の熱が逃げるのを抑え効率よく加熱するとともに、平らな面と斜めの面を併せ持つ大火力に適した底形状が、激しい泡の対流を促進します。
 ※2 2018年5月31日現在 アルミ、ステンレスのクラッド材に鉄をはさんだ釜として 家庭用炊飯ジャーにおいて。

■まるで「玉手箱」のような、上質なデザイン
 ・新製品では本体デザインも刷新。
 ・コンパクトでキッチンにすっきりと納めたくなるような形状、かつ上質感のある「玉手箱」のようなデザインに仕上げました。

■よりお好みの食感に炊き上げる「わが家炊き」メニュー
 ・前回炊いたごはんの感想を入力することで炊き方を細かく調整し、お好みの食感に進化していく121通りの「わが家炊き」メニュー。
 ・「炎舞炊き」に用いる「大火力」、「底IHヒーターの制御」、「炊飯時間の調整」の技術を活用し、121通りはそのままに炊き分け範囲を拡大することで、より多くのユーザーの好みに対応しました。

■文字がくっきり見やすい、バックライト液晶
 ・炊飯ジャー本体の液晶を従来品から白黒反転し、視認性が向上しました。
NW-KA10-WZ  / 象印 /圧力IH炊飯ジャー 「炎舞炊き」(5.5合) 雪白

商品スペック

本体サイズ(高さ×幅×奥行) 23.5×27.5×34.5cm
その他サイズ フタが開いた時の高さ46cm
付属品 しゃもじ、しゃもじ置き、白米用計量カップ、無洗米用計量カップ
年間消費電力量 80.9kWh/年
消費電力量(炊飯時) 154Wh
消費電力量(保温時) 16.2Wh
炊き分けメニュー 5通りの炊き分け圧力、わが家炊き(121通り)、エコ炊飯、熟成炊き(白米・玄米)、白米特急、白米急速、無洗米、蒸気セーブ80%、やわらかごはん(やわらか・よりやわらか)
調理コース 鉄器おこげ、炊きこみ、おかゆ、すしめし、お弁当、湯の子、雑穀米、雑穀米がゆ、玄米、玄米がゆ、金芽米
内釜仕様 業界初「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」
仕様1 舞え、炎。舞え、お米。「炎舞炊き」
仕様2 家族が、もとめていた食感になる!121通りの「わが家炊き」メニュー
仕様3 大火力炊飯を実現する「うるおい二重内ぶた」

レビュー

2018/09/10投稿者:なお5555おすすめ度:★★★★★
注文番号:182047
10年前のIH炊飯器から買い替えました。比べると同じごはんでも、甘くふっくら炊きあがりました。かためのごはんが好きなので、圧力IHのもっちり系の炊き上がりが不安だったのですが、ごはんの粒がしっかりしていて問題ありませんでした。より好みの味にカスタマイズしていく「わが家炊き」機能は使うたびに炊き加減を調整していくそうなので、今後の味の変化にも期待しています。